あま市で注文住宅を建てるメリット

注文住宅を建てたい方にあま市をおすすめします

あま市でおすすめの注文住宅とは

注文住宅を建てる場合は、どのような場所であるかをよく考慮することが重要になります。例えば沖縄県の方で人気がある注文住宅を北海道で建てたとしても、意外と実用的でないことがあります。沖縄の住宅は風通しの良い住宅が多いですが、これは気候が暖かいからです。これに対した北海道の場合は断熱性を高めた住宅である必要があります。沖縄の住宅のように、風通しの良い住宅はあまり北海道にはふさわしいとは言えません。このような例からもわかる通り、住宅を建てる場合は、その場所がどのような場所であるかが非常に大事になるわけです。では、あま市の場合はどうでしょうか。あま市は愛知県にある市町村の一つになりますが、2010年に制定された市ですので非常に新しいのが特徴になります。

あま市の注文住宅の場合はどうするべきか

では、あま市で住宅を建てる場合にはどのような特徴を持たせるべきでしょうか。まず一つは、周辺地域がどのような気候であるかを知っておく必要があります。愛知県の名古屋市よりも西側にありますので、日本の平均的な気候であることには間違いありません。夏場は暑く、冬場は寒いのが特徴になります。このように、特段に大きな特徴もないような気もしますが、意外とほかの地域に比べても冬は寒いのです。なぜ冬場はほかの周辺地域よりも寒いのでしょうか。ほかの土地に比べると冬が寒い理由は、鈴鹿山脈と伊吹山地の間に谷間があるからです。いわれる両方の山々の間に低地が広がっていますが、そこから北西の風が吹いて来て非常に寒いのが特徴になります。冬場は体感気温よりも寒くなってしまいますので、要注意です。

断熱性の高い住宅を目指すにはどうしたらいいか

注文住宅を建てる場合には、冬場に備えて断熱性の高い住宅を建築するのはよいかもしれません。ただし冬は雪があまり降りませんので、特別に屋根に傾斜をつける必要もないでしょう。豪雪地帯のような住宅である必要はありません。目的は北西からの寒い風を防ぐことですから、北西の方角をよく見定めて、あまり北西側に窓を作らないようにする工夫も必要になります。もちろんそこまで寒いのがいやでなければわざわざ窓の数を減らさなくてもいいでしょう。最近は、断熱性に優れた窓サッシなどもありますので、そういったものを利用してみてもいいかもしれません。断熱性を高めると一つ問題が生じます。それは夏場の空気の流れが悪くなることです。そうすることによって、室内に空気がこもってしまい、逆に暑くなってしまうのです。そこで、通気性もある程度考えて住宅を建てましょう。

Theme by Anders Norén